「商人型」ビジネスモデル

「三方よし」を中心に據えた価値創造モデル

ビジネスモデルの解説

企業価値の向上を図るには、経済価値と環境?社會価値の「何れも」拡大していく必要があります。具體的には、「創出価値の拡大」(短期目標の達成)及び「成長率の向上」(中長期的な価値創造への布石)を志向し、「資本コストの低減」(持続的な成長を支える取組み?體制)を図ることで、持続的な価値創造の原動力である「資本の増強」という好循環を実現していきます。

稼ぐ

世の中の変化や顧客のニーズ等に合わせ「商い」を工夫しています。

削る

費用対効果に合わない経費、無駄な會議や書類等を削減しています。

防ぐ

貸倒損失や減損損失等の水漏れを防止しています。

付加価値の創出

コーディネーション、事業経営の高度化、シナジーの創出といった総合商社特有の機能を駆使し、顧客視點での付加価値を継続的に創造し、商権の安定化やトレードの拡大、投資先を含むビジネス全體の価値向上に努めています。

資産戦略

事業投資の戦略的な重要性が高まる中、當社が強みを持つ領域への投資を重視する一方で、リスク管理の徹底や資産効率の追求を伴う資産戦略を構築し、著実な実行を図っています。

  • 技術革新による商いの進化
  • 気候変動への取組み(脫炭素社會への寄與)
  • 働きがいのある職場環境の整備
  • 人権の尊重?配慮
  • 健康で豊かな生活への貢獻
  • 安定的な調達?供給
  • 確固たるガバナンス體制の堅持