グローバルネットワークを活かし、創業地である滋賀県へ外國語絵本を寄贈

2021年12月8日

伊藤忠商事株式會社(本社:東京都港區、代表取締役社長COO:石井敬太、以下「伊藤忠商事」)は、創業地である滋賀県への地域貢獻活動の一環として、滋賀県立図書館へ子供向けの外國語絵本を寄贈する取組みを本年より開始いたしました。

滋賀県は、豊富な水源や都市部への交通利便の優位性を背景に工業製品生産工場が集積していることから外國籍の方が3萬人以上在住しており(※1)、外國にルーツを持つ小中學生だけでも1,500人以上が生活しています(※2)。 

外國語絵本の需要が大きいにも関わらず入手が困難という滋賀県立図書館の要望に応じ、伊藤忠商事は、そのグローバルネットワークを活かし、世界22ヶ國?23拠點から、18言語?326冊の絵本の寄付を集め、寄贈いたしました。滋賀県立図書館では、12月4日から「伊藤忠商事からのクリスマスプレゼント」として、外國語絵本の特設展示スペースが設けられています。

伊藤忠商事は社會貢獻活動基本方針として次世代育成、地域貢獻を掲げており、今後も滋賀県立図書館への外國語絵本寄贈を行っていく予定です。

  • ※1令和2年12月滋賀県住民基本臺帳人口調査結果より
  • ※2令和2年度學校基本調査結果報告書より

各拠點から寄付された外國語絵本

滋賀県立図書館の特設展示スペースの様子